• ホーム
  • 中古ドメインがインデックスされない理由と対策とは?

中古ドメインがインデックスされない理由と対策とは?

ウェブマスターガイドラインに違反しているウェブサイトに対しては、手動ペナルティと自動ペナルティが課せられます。手動のものはスタッフが各サイトを目視で判定していく方法で、自動はアルゴリズムが自動でガイドラインの違反を探し出す方法です。中古ドメインがインデックスされない理由としては、サーチコンソールに登録しておくことで、登録しているメールアドレスに通知が届くことになっています。

サーチコンソール内の検索トラフィックにて、手動による対策で違反内容が表示されるので把握することも可能です。再審査リクエストはペナルティの内容の修正を行い、サーチコンソールに登録しておくことでガイドラインでどこに抵触したのかという情報を取得することが可能になります。またその取得が次の対策に行かされるので、原因を知ることは大切とされます。これにそった形で、ドメインエイジの修正をしていくことが基本になります。

違反箇所でペナルティを受けた部分が大まかすぎて、よくわからない時はウェブマスターに向けたトラベルシューティングを参考にします。ペナルティの原因はコンテンツの質や被リンクの質と分けられます。被リンクの質は質が低くて価値がないと判断されたことであって、大きなペナルティの対象になります。他のサイトの記事をコピーペーストしたり、サイトのテーマとは違う記事が掲載されていたり、内容が薄い場合も価値が低いとみなされてしまいます。再審査リクエストはドメインエイジととても関わりが深いですが、過剰な被リンクや中古ドメインを購入していれば判定される可能性や、スパムとして扱われる可能性が高くなります。

スパムでも内容が広範囲にわたるので、意識がなくペナルティを受けていることもあります、手動のものは順位が大幅に下がったり、インデックスから削除されることもあり厳しい処分を受けることになります。検索結果が下落した場合はGoogleからペナルティの評価を自分で確認することもでき、そこから解決の糸口を探します。
サイトの修正ができたらサーチコンソールに届いている通知の専用フォームから、再審査リクエストを送信していきます。どのように修正しているかもポイントで、簡潔に書くことを心がけます。厳密なルールがないところも大切で、読者が目的意識を持って読むことを意識するとわかりやすいです。ペナルティを受けた後であってもその時の感情を込めて記事にすることは得策ではないでしょう。

関連記事