• ホーム
  • 中古ドメインの価格はピンキリ!

中古ドメインの価格はピンキリ!

中古ドメインをメインサイトで使用する場合は、価格が高いものを使用することが推奨されています。高騰しているからと言って値段が品質と比例するとは限らないのですが、無駄にケチって格安のものを購入する事で地雷を踏む可能性が高まります。SEO効果や更新料などで良質なものを見抜くための力を養っていく必要があり、販売業者の選定にも力を入れます。中古ドメインの価格で本質を見抜くことは難しいですし、一番大切なことは使用をしないことが一番だということもあります。

被リンクなどで信頼の置ける販売業者が商品販売期間やキャンペーンが終了したことをきっかけに、使用していたドメインを終了させただけかもしれません。逆にアフィリエイターがペナルティを受けたため、使用価値がなくなり使用をやめたというドメインの確率も高いです。ある程度値が張る中古ドメインであれば、ネガティブな理由でドメイン使用をやめたというケースは少ないでしょう。ほどほどな高額の中古ドメインの特徴は、過去の運用サイトが安定しながら長い期間にわたって運用されていた良質なものだということです。自然についたとされる被リンク数が多く、ドメインエイジが長いジャンルだとも言えます。インデックスのあるページが比較的多く、アンカーテキストが適切に使用されていることは大切です。

良質なものはSEO効果にも積極的で、メインサイトに使用するのであれば被リンク数を確認していきます。ジャンルは短期間でも効果がありますし、更新料込みで、1万円から8万円ほどのドメインが推奨されます。高騰するものは以前使われていたサイトとの相性もあるので、実際に使用して見なければ効果を実感できないという現実もあります。もし高額な中古ドメインであっても選び方を間違えてしまうと、かけた費用も全て無駄になる可能性も考えられます。逆に格安の中古ドメインであれば信頼できないものもたくさんあり、初めての購入では相場として1万5000円くらいのものがベストになります。

このくらいの価格帯のものであれば被リンク数の質も期待できますし、ハズレに当たることもあまりないでしょう。もし異なるジャンルであったりキーワードからかけ離れたサイトで使用されていた場合、同じジャンルのものと比べると効果がかなり薄れてしまうことになります。価格は大切ですがそれだけに左右されることなく、運用履歴にも目を向けて効果が期待できそうなものを選び出しましょう。

関連記事