• ホーム
  • 中古ドメインの失敗しない買い方とは?

中古ドメインの失敗しない買い方とは?

パソコンの前の笑顔の女性

中古ドメインは一つ数千円から数万円のものまで幅広く揃っていて、万が一ペナルティが課されたことのあるドメインだった場合は返品交換も可能です。
これによってリスクヘッジも可能なので、期限切れドメインを集めた中古ドメインを扱っているサイトで購入することが最も早道です。
ドロップキャッチで入手する方法がありますが、これは極力予算を抑えたい人には大きなメリットがあります。

全世界から集めた期限切れドメイン情報を無料で確認できるウェブサイトがあり、ここではアラビア語や中国語・ロシア語などの難解な言語で解説されています。
こちらは最も高額でギャンブル性も高く、このドメインがどうしても欲しいというときではない限り回避した方が良いとされます。

ドロップキャッチで期限切れのドメインを自分でどうにかしたい時の買い方は、オークションやスパムスコアなどを確認します。
ギャンブル性が高いとされるのは、オークションです。
オークションで失敗しないためには買い方の知識が必要になりこれが欠如していると、結果的に失敗に終わってしまうこととなります。
様々なリスクヘッジを想定しておくことが失敗しない買い方のコツで、大きな失敗をせずにすみます。
ギャンブル的な側面も持っていますのでスパムスコアなどをしっかりと確認した上で、慎重に購入する方が良いです。

日本語化されているサイトも存在していますが、アラビア語やロシア語・中国語のまま中古ドメインを販売しているサイトもまだまだ実在します。
おおよそのアクセス数やドメインランク・スパムスコアなどを指標とし、被リンクサイトの数や言語などの属性も確認することが可能です。
ここでペナルティが付いている過去のある中古ドメインを、回避することになります。
価格の面から見て複数のサイトを持っているケースもありますが、膨大な時間もかかるのでリスクヘッジが必要です。
これだけの価格を費やすということは、効果を最大化したい時に限ります。

ドロップキャッチは独自ドメインが必要となるので、新規ではなく中古ドメインを活用しながら効果を最大化していきます。
本数がたくさん必要な場合は高価格な中古ドメインをたくさん買うことではなく、ペナルティを受けているものを回避します。
スパムサイトや価値が低いとされるコンテンツで、運用されていたものも価値が下がります。
被リンクが自然に獲得されたものではないとされる、中古ドメインはリスクが高いので避けることが望ましいです。

関連記事