• ホーム
  • 中古ドメインはどうやって使うのが最適?サテライト?アフィ?

中古ドメインはどうやって使うのが最適?サテライト?アフィ?

パソコンとスマホとりんご

中古ドメインは、過去に使われていた様々な理由や使い方によって被リンクがついていることもあります。基本的にドメインパワーを期待して使っている人がほとんどですが、これを購入すれば被リンクについている評価が反映されます。例えば、点数が高いドメインだったり、Googleで違反をしていたりなどすると、その評価が根強く残っているケースもあります。

インデックス速度はこれらのガイドラインで見ても、SEO対策で検索上位に表示されやすいということになります。アフィリエイトサイトや、サテライトサイトで運営しているユーザーが多いことからも伺えます。
新規ドメインは運用歴がないので被リンクが全くついていない状態で、そこから自然な被リンクを集めるとなれば3年から5年も運営をしていかなければいけません。これでもまだまだ中古ドメインには到達しないくらいの、労力と年数がかかるといっても過言ではないです。ブラックハットや品質の良い中古ドメインを集客サイトで活用できる人は、サテライトサイトでも有利な状況の中でSEO対策を行うことが可能です。

中古ドメインでアフィリエイトやサテライトサイトを作成した時は、必ずバックアップもとっておく必要があります。これは万が一のためで、もし過去の履歴などで違反によるペナルティが発覚した場合は全てが削除されるケースもあるからです。
購入するルートや使い方などにより、過去の運営歴でスパムや集客サイトとして使われていた場合、Googleのガイドラインに違反しているためペナルティを受けている可能性があります。ブラックハットを日常的なWEB更新で置き換えることはインデックス速度として、どの販売サイトで購入するかによって大きな分かれ道となります。もし購入するときに中古ドメイン販売サイトを正しい形で見つけることができれば、大きなデメリットは気にしなくても良いとされます。
価格はピンからキリまでありますが、探し方や購入ルートによってそれぞれ変わってきます。
個人的に探すとドメインを導入する費用のみになるので、比較的安価に抑えることが可能です。ツールを使って探す場合は、ドメイン費用とツールを利用する料金が加算されるので前者よりは高くなります。中古ドメインを販売するサイトを利用すれば、一つのドメインが安くて1000円から高くて30万円ほどになります。結果的に価格が高いドメインは運用歴が長いとされ、履歴も良質で被リンクがついているという理由が考えられます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧