• ホーム
  • 中古ドメインを見極めるツールをご紹介

中古ドメインを見極めるツールをご紹介

地球とサイトのURL

中古ドメインは以前他の人に使われていたドメインで、サイトが閉鎖されたなどの理由で使われていないと国内や海外問わず販売業者から購入して使うことができます。運用履歴はそれぞれ使われていたドメインによって異なり、過去のことを知るには調査ツールを活用することが一番の方法となります。

中古ドメインといっても価格が安くなるわけではありませんが、過去の運用履歴がよかったり被リンク数が多ければ、そのままその評価を利用することができるメリットがあります。運用履歴は様々でビジネスとして使われていた場合、ウェブサイトの評判が良ければ新しく作るサイトも予期せぬメリットがたくさんあります。

しかし売却されていることを考えると、そこまで評価の良いドメインが売りに出されるかということに注意を払う必要があるでしょう。評価が悪く被リンク数も少ないものが、結構な割合で中古ドメインとして存在しているので調査ツールで確認をしていきます。スパムスコアだけが良くて質が悪いという中古ドメインもあり、良いドメイン・サイトでもスコアが高いので見分けがつきにくいこともあります。こういった時はスクリーンショットをとっておくことも大切で、今後の役に立つこともあります。

検索順位は上位のサイトがスパムスコアとして並んでいるわけではないので、スコアだけでは決まっていないことを理解する必要があります。AhrefsやMajesticは調査ツールになりますが、様々なことが導き出されているのでしっかりと把握します。中古ドメインの調査ツールやInternet Archiveなどを活用していきます。

Wayback Machineはサイトを始めたばかりでインデックスされていない状態で、そこから始まるのでさらに検索結果画面に表示されないという悪循環となります。読者に見つけてもらえる可能性が低くなりますし、上位表示はもちろんのことSEO効果は全く期待できない状態です。Internet Archiveではウェブサイト作成者に対して、中古ドメインを買い取ることを推奨していないケースも見られます。
Wayback Machineでどうしてもドメインを使いたい場合や、何かの間違いでかってしまった場合はリスクが高まります。スクリーンショットが安心材料となりますが、MajesticやAhrefsの調査ツールを使って最初の評判を分析していきます。中古ドメインを見極める調査ツールを活用して、サイトの運用をします。

関連記事