• ホーム
  • 無料ドメインのメリットとデメリットって何?

無料ドメインのメリットとデメリットって何?

無料ドメインは無料で取得できるドメインのことで、取得サービスをしている運営会社が独自で作成しているドメインも存在しています。一般的に有名とされるものは無料での取得はできず、有名なものを取得したい場合は有料になります。無料ドメインを使用する上で一般的なメリットは、無料なのでコストが一切かからないことや、取得費用や更新費用が無料なのでコストを削減することができるということです。

通常ドメインを取得する際には、初回取得や更新を行うときに、手数料が発生するので無料とはなりません。また、無料ドメインの末尾は珍しいものが多いので、これらを取得したいということで人気が高まっているケースもあります。珍しい無料ドメインは目をひくので、珍しいものが好きな人は取得したいということでレア感も増します。サイトの名前や特定のキーワードと合わせることで、意味のつながるものも作成できます。

反対にアドセンスなどのデメリットもありますが、こちらは利用する会社によって条件も異なるので、ある会社でも問題ないがある会社ではデメリットになるという可能性もあります。また、セキュリティが不安定なところやアフィリエイトで使用する際は力不足になるケースも存在しています。サーバーによってドメインを取得した後の利用条件は様々で、更新期間が1年ということや30日間ログインなどの活動がなければ、自動的にサービスがストップされるというような規定はデメリットになるでしょう。アドセンスを取得したときにはしっかりと取得条件を確認しておく必要があり、身元がよくわからない海外のサイトなどは結果的に警戒されがちになります。無料で取得しアフィリエイトなどにも参加したけど、読者が一切つかないということになれば本末転倒です。

セキュリティはコーポレイトサイトなどを含め、サーバー側の信用力・広告力やSEO効果を期待させるので使い方に意識を向けます。特にGoogleはアドセンスなどがつきやすいですし、セキュリティ面D根もしっかりしているので使い方を間違わなければ安泰です。

デメリットとしてサーバーが運営が難しくなりサイトを突然停止してしまうこともあり、そうなればサービスの終了に伴い運営サイトも開かなくなります。Googleのサービスサイトで広告やSEO対策の利用をする場合は、運営会社が独自で作成しているドメインの場合、テスト環境を構築し短期間のプロジェクトで利用する場合は問題ないとされます。長期的に運用する場合は無料ドメインは避けるべきものです。

関連記事