• ホーム
  • 高品質な中古ドメインの基準って何?

高品質な中古ドメインの基準って何?

高品質な中古ドメインの基準は、インデックスの有無で決まることもあります。つまり、Googleに登録されているか否かということであり、ドメインが期限切れになり削除された場合はしばらくすると登録も削除されます。期限切れになったばかりの中古ドメインは、インデックスが残っていることもありペナルティを受けている可能性が低くなります。人によっては高品質な中古ドメインは有力サイトでもある、インデックスが残っておるものだということもあります。

次に最初からついている被リンクが悪質なものであれば、そこからリンクパワーをもらっている可能性があり、スコアにも影響してきます。スパムスコアは調査ツールで確認することができ、被リンクの否認により高品質のリンクをピックアップすることもできます。調査ツールを駆使すればペナルティを受けているほとんどが、不自然なリンクということでペナルティを課されている可能性もあるのです。被リンクも少なく信頼性が高いサイトの比率が高いと、高品質の中古ドメインである可能性が高まります。

反対に被リンクが少なすぎれば、リンク元とされていたり運用履歴から外されることもあります。被リンクは基本的に中古ドメインのサイトが、外部サイトから受けているリンク数のことです。SNSでシェアされたり切り替わりが可能な有力サイトは、同じウェブサーバーに収納されていてアドレスが同じサイトからリンクを受けている可能性があります。SNSでシェアされたりスパムの可能性が高くなるパターンとして、被リンク数がかけ離れているケースが知られています。被リンクドメインが非常に多い場合には、もともと有力なサイトだった可能性もあります。数字だけでは判断できないことも多いので、運用履歴も確かめることが大切です。切り替わりは調査ツールで見ると、サイトキャプチャを確認することが可能になります。

中古ドメインの選び方はもちろんのこと、基準を厳しくすればするほど抽出されるドメイン数が少なくなってきます。SEO対策でドメインランクについて知らない場合は、取得数優先パターンが有力となります。中古ドメインには上位表を狙う目的で、良いイメージがありますが記事を書いても全く反映されないケースもあります。被リンクを支援しているような目的のサテライトでよく使われていることもあり、中古ドメインは効率的に使えば有力サイトに結びつけることができるので参考になります。

関連記事